ROUTE 41

2010年5月6日

いったいどこまで続くのか

このうんざりするほど果てしない

この先に何があるのか

山か谷か楽園か地獄か

のどはカラカラ 足はクタクタ

体は焼けた石のよう

立ち止まるな

その瞬間、道は消えてなくなる

1歩を踏み出せ

その瞬間、道は見えてくる

ショートカットを探すな

そんなものはじめから無い

コンビニぐらいないものか?

コンビニエンス?

あるわけが無い

それでもちょっと疲れたら

ほらその先のポッカの自販機

生温くてまずいコーヒーでも飲みながら

一服でもしよう

さあ行こう

口笛吹いて行こう

「人生楽勝」と行こう

斜め上をむいて行こう

裸になって行こう

前に行こう

たまには横に行こう

どこまでも続け

ルート41

I LOVE ME

2009年11月24日

俺のデザインはすごいぜ その辺のやつらはぶっちぎるんだぜ

俺のデザインはしびれるぜ トップギア レッドゾーンだぜ

俺のデザインは濡れてるぜ 前戯なし いきなり挿入だぜ

俺のデザインは果ててるぜ どっかで見たとか言うんじゃねえよ

訂正なんか聞かねえよ だってめんどくさいもん

そんなポカンとした顔すんなよ お前がバカなだけだよ

I LOVE ME 私は私が大好きです

I LOVE ME 打たれ弱くて小心者のところが

I LOVE ME 私は私が大好きです

I LOVE ME デッド オア ライブでデッドしてる感じが

ララララララララララ〜

その答えは風の中。

2009年10月5日

片山明。41歳。

東京に進出します。

この仕事を始めてからずっと思っていたこと、

しかし、ずっと目をそらしていたこと。

結果がどうあれ、やるのです。

やるっつったらやるのです。

いざ、わすれものを取り戻しに参ろう。

幸運を祈る。

手紙

2009年8月11日

カタヤマアキラさん。41歳のお誕生日おめでとうございます。
ここまでよく頑張ってきました。
この41年間本当に色々ありましたね。
でもそのたびに持ち前の負けん気で何度も乗り越えてきたこと、私は知っています。
さあ、これで人生の半分が終わりました。
残り半分の人生、これからも色々な苦難が待ちかまえているはずです。
でも今まで通り、ガッツと勢いで乗り越えていけると私は信じています。
お誕生日、本当におめでとうございます。俺。

安治川ブルース

2009年8月7日

バランタインで気持ちよくなってきたのでブルース歌いま〜す。

聞いてください。安治川ブルース

このままで終わってしまうのかと思ったこと 君はあるかい
取り残された宇宙飛行士のように 捨てられたチラシのように
砂を噛むような思いって 君は知ってるかい
焼けた石のように さめたポテトのように 
  
無謀な野望 希望は死亡 
毎日がオナニー 見あたらない性欲
折れない魂 その魂がどこにもない
イメージするんだ 終わらないイメージを

晴れた空を見て悲しくなったこと 君はあるかい
鳴り続ける電話のように 土の中の蝉のように
酒井法子の気持ちって 君はわかるかい
固まったマンモスのように 僕はわからない

いつも微熱の情熱 情熱大陸見たくもない 
滴った滝壺 突撃するカヌー
さらなる展望 その展望がどこにもない
イメージするんだ 終わらないイメージを

サンキュー。

 

 

天才の閃き

2009年8月6日

このブログのタイトル、閃いた!
カタヤマアキラが誰も聞いてくれない内に秘めた日々のうっぷんを
独りよがりに綴るマスターベーションブログ、題して

ブログ de 中出し

どう?

わすれもの

2009年8月5日

ブーヤンと呼ばれ続けた幼少時代 その勢いでデブ街道まっしぐらな中・高はつらかった これはイカンとダイエットに成功 でも心はブタのままプータロー時代に突入 日本全国あっちこっちでなんやかんやしながら時間つぶしの旅 気がついたら22歳 これではイカンと適当にデザインの道を志したはいいけれど 来る日も来る日もスーパーのチラシまみれ 心折れかけ フンガッて気持ちで自分を見つめ直そうとインドに行って 見つめ直す自分がなかったのを見っけちゃって これはイカンと広告代理店っていうおしゃれな職業になったはいいけれど  自分に向いてなかったもんだからもう大変 歯茎から血をだしながらがんばってたら これまたなんとかなっちゃって でも悪い病気発病 飽きてきたからどうしよう 乳飲み子いるのに勢いで独立ダーッて 適当人生まっしぐら でもなんだかんだいいながら仕事てんこ盛り 見たことない小銭が入ってきてウハウハ状態 車買うは酒飲むは女×××やは 人生楽勝っと思いきや 仕事しすぎで鬱病発覚 さあこっからが一大事 仕事手に着かない 身体動かない 生きるのつらい 家庭ボロボロ 「もう俺死ぬっ」と何度思ったか それでもなんとか生きてたら病気もましになってきて 仕事もなんとかなってきて あぁ一段落 とおもいきや 40の厄年様がご登場 その厄年様が変態女王様で もう年明けからムチの嵐 「女王様とお呼び!」「靴をお舐め!」と変態プレイがこの夏まで続く続く もうイカンっと心機一転 祝事務所移転 「さあやるぞっ」と思ったのもつかの間 気がつくとなんにも残っていなかった お前は何をしたかったんだ とかっこよく決めてみても後の祭り 夢も希望もおいてけぼり 裸の王様ここにあり 「でも押尾学の人生よりましやろ」と思いながら 口笛吹いてさあ行こう これからわすれものを見つけに行こう おしまい。 

いやいや 終わったらあかん

無限の風

2009年8月3日

強い風 止まない風 小石を 転がす風
大地に 一人の影 遠くを 眺める影
白い羽根 背中に羽根 嵐を 巻き起こす羽根
あいつは 無限の風 雲を 蹴散らす風
瞳はギラギラ 身体はザラザラ
太陽の下で 光の中で
荒野の上に立って 砂漠の上に立って
花のように咲いて ダイヤのように輝いて
荒野の風になって 砂漠の風になって
確かに土を蹴って どこまでも飛ぶのさ
あいつは風 口笛を吹きながら

奥田民生